現在のCPU



会社間でのCPUの比較はかなり難しいです
昔のCPUはクロック周波数をチェックすることでそれが指標となりましたが、最近ではCPUのクロックあたりの効率があり、それを指標をする場合もあるので比較が難しくなっています。
インテルのpentium4などはクロック周波数の数が重視されていますがcore2 duoなどはクロックあたりの効率を重視しています。

また、最近ではクロック周波数を高くすると発熱量が高くなってしまうのでクロックあたりの効率を高くする傾向があるみたいです。

あとathlon64とpentium4のクロック数はほとんど同じです。

クロック数が高くなれば高くなるほどやはりCPUの寿命というのも短くなってしまうようです。
これは高い発熱量を出すので常にフルパワーで運転しなくてはいけないからですね。

効率をあげている方が長く使い方にはお勧めかもしれません。