わかりやすい指標は?


CPUを比較する指標となるのは・・

・ブランド名
・クロック周波数
・クロック数における効率(具体的には書かれていない)

Generonなどスペックがいろいろあって比較するのが困難なものもありますが


CeleronはスペックがPenIIのものからPen4のものまで色々あるので例外なのですが、同じブランドのCPUならば、クロック数を見て高いほど性能が早いCPUになるので一番わかりやすい比較の指標です。



次にブランドですが、同じクロック数のCPUでもブランド名が違うことによって性能を比較して変わってきます。


なぜこんなことが起きるのかと言えば、1クロックあたりに処理できる量がブランドにより違うからで比較した際の性能の指標にもなるのです。


つまり、CPUの性能はトータルで1クロックごとの性能であるブランド名×動作クロック数になるのです。


なので、現在例えば、Pentiumを使っているとしたら、比較してもっと性能の高いブランドのCPUに変えるかよりクロック数の高いCPUに変えればいいのです。


後、CPUの性能を比較する基準として付加価値としての拡張命令のサポートやHT、64bit、デュアルコアなどがあります。


これらの指標は基本的にソフト自体が対応していないと使えないので対応したソフトを使うことによってかなりのCPUの性能アップにつながるでしょう。

CPUを比較してみる

CPUを他社のものと比較することはできないのでインテル社に関して比較してみることにします。

代表的なCPUは
Celeron D・Pentium D・Core 2 Duo・Pentium M・Celeron M・Core Solo・Core Duo
があります。
これらの性能を比較してみると

core 3 duo 260

core duo 250

pentium m 200

core solo 200

oentium d 150

celeron m 95

celeron d 63

となります。これはちなみにpentium 4の機能、性能を100とした時の他CPUの性能の高さです。


上位のものはかなり性能が高そうに思われますがモバイル要のCPUでそこまで高クロックのものがないので実際はそこまで高性能なものはありません

同周波数のかくCPUでの比較なので数字のまま比較することは少し難しいようです

メーカーごとの性能比較

メーカーごとの性能比較

CPUをメーカーごとに比べてみました。
使い勝手はあくまで主観によるものですが結構参考にしてもらっていいと思います。

ノートパソコン  これは間違いなくインテルです。

デスクトップ   AMDの方がいいと思います。

サーバー     AMDでしょう


ノートパソコンは消費電力や発熱などのCPUのブリッジコントローラの性能が優位なのでこれはインテルがかなり優れていると思います。

デスクトップはコストパフォーマンスは若干AMDのほうがいいと思われます。
動作に関してはほとんど変化はありません。

サーバーも同じ理由です。

またインテルのデスクトップであると発熱が抑えられないので夏場になるとCPUがヒートアップしてしまう可能性があるのでなんとかして対策をしなくてはいけません。

AMDのチップセットに安定性が微妙だったのですが、現在ではほとんど変わらなくなっています

現在のCPU



会社間でのCPUの比較はかなり難しいです
昔のCPUはクロック周波数をチェックすることでそれが指標となりましたが、最近ではCPUのクロックあたりの効率があり、それを指標をする場合もあるので比較が難しくなっています。
インテルのpentium4などはクロック周波数の数が重視されていますがcore2 duoなどはクロックあたりの効率を重視しています。

また、最近ではクロック周波数を高くすると発熱量が高くなってしまうのでクロックあたりの効率を高くする傾向があるみたいです。

あとathlon64とpentium4のクロック数はほとんど同じです。

クロック数が高くなれば高くなるほどやはりCPUの寿命というのも短くなってしまうようです。
これは高い発熱量を出すので常にフルパワーで運転しなくてはいけないからですね。

効率をあげている方が長く使い方にはお勧めかもしれません。

CPU 他社との比較

他社とのSPUの比較

インテルのほかにAMDなどといった大手のCPUメーカーがあり、様々なCPUが発売されています。

他社とのCPUの機能を比較するのにバージョン情報などを見たりして比較することはできません。

それはメーカーが異なると構造が全く異なってしまい、それぞれのCPUにはそれぞれ特徴があり、メモリーが大きいものがあったり、計算速度が速いもの、クロック数が高いものなどあります。
しかしクロック数を比較することは可能です。

また任意のアプリケーションによっても2割ぐらい機動速度に差がつくこともありますし、物によっては2倍以上の時間がかかることもあります。

よって他社との比較することがかなり難しいといえます。

インテルのCPUをベンチマークのスコアを基準にして比較をしたことがありますが、ベンチマークソフトが異なっている可能性があるのであまり宛にならないということです。